タイ嫁タイ株

投資で稼ぎたいと思い立ちタイの駐在を退職!私のタイ投資やFXの勉強の過程、投資成果などシェアしてゆきます。

【タイ株 株価指数 SETトレンド】2019年10月16日版「タイ株価指数SET1,634、為替やダウのように爆上げとはならず」

            f:id:shogun8:20191016193911p:plain

2019年10月16日のタイ株価指数SETは1,634でした。

日経も22,000円を超えてきましたし、ダウも27,000ドルを突破、ドル円も108円を突破、、、少し前の「暴落する!」的な雰囲気とは逆の方向に進みつつありますが流れはコロコロと変わるので全く油断ならないですね。

こんな中でタイ株はSET1,600を目前に少し回復して1,630台、このままどこまで上がっていくかは分かりませんが他が爆上げしている中では控えめな上昇のように感じます。

世界の株価、為替が急に改善する中でタイ株がどんな風に動いているのか見ていきましょう。

 

2019年10月16日版「タイ株価指数SET1,634、為替やダウのように爆上げとはならず」

日経もダウも為替もいい所まで落ちて凄い勢いで戻ってきましたね。

ある程度まで落ちて戻ってくるのは理解できますが1ヵ月で元の位置まであっという間に全戻し、、、本当に相場って恐ろしいなと感じます。

さて、上げて下げてを繰り返す世界の相場ですがタイ株はどうでしょうか。

まずはタイ株価指数SETの日足チャートでトレンドを見てみましょう。

f:id:shogun8:20191016190340p:plain

SETの直近の底は1,605、ダウや日経が跳ねた現在はSET1,634と約1.8%の上昇です。

一方でダウの直近の底は26,000ドル、現状は27,000ドルと約3.8%上昇。

日経の直近安値は約21,400円、現状は22,400円と約4.8%上昇。

市場ごとにボラティリティが異なるのもあるとは思いますがタイ株の上昇は控えめだなという印象で、そんなに買い注文が入らなかったということを漂わせています。

つまり、タイ株を見ている投資家たちは結構「慎重」に見ている、ということでしょうか、、、。

続いて1時間足チャートを見ていきます。

f:id:shogun8:20191016191207p:plain

こちらを見ても10月の1-2週目はSET1,600付近からなかなか這い上がってこれていません。

これは日経も同じでしたが、トランプさんの発言後に日経とダウがドカン上がった後も「タイ株爆上げ」とはなりませんでした。

ということで、ドカンと陽線が出ない限りはまだまだ下目線ではないか、と思っているところです。

もう1回派手に暴落して、落ち切ってくれると分かり易くて良いんですけどね、、、次こそは勇気を出して買っていこうと心の準備をしておきます。

 

気にしているSET指数達と今後の動向

この10月は「4月、7月、8月に反発上昇したポイントSET1,600」でまたまた反発上昇を見せてくれました。

が、8月ほど反発上昇の勢いが感じられませんよね。今のところは、、、ですが。

f:id:shogun8:20191016192011p:plain

どこまで上昇していくかは分かりませんが、行ってもSET1,680くらいまでで止まって落ちて来ないかななんて期待をしています。

ダウも日経もトランプさんの発言で上がり始めたばかりですしまたしばらく傍観かな、という感じです。

SET1,680を越えてきたら、またSET1,700台後半を目指して上昇する可能性も出てくると思いますがその時はその時ですね。

現状自分は下目線でとらえているのでタイ株のトレードはまだまだ先かな、と考えています。

 

直近トレンドまとめ

  • 直近7日間では「上昇トレンド
  • 直近1ヶ月「下降トレンド
  • 直近3ヶ月 「下降トレンド
  • 直近6ヶ月「下降トレンド

 

まとめ

2019年10月16日時点のタイ株市場の状況をシェアさせて頂きましたがいかがだったでしょうか。

自分自身は相変わらずタイ株には手を出さず過ごしてますが、かわりにFXでボコボコにやられる日々を送っております。FXの収支が2週間連続で良かった期間もあり「そろそろ来たか?」なんて思ったのですが、、、その直後にボコボコにやられ、2週間で稼いだ何倍もあっという間に溶かしてしてしまいました。

そんなこんなでトレード生活も10ヵ月目を迎えますが「トレードで生計を立てる」という目標を達成するにはまたまだ膨大な時間が掛かりそうです。

トレード結果もですが、ルールをしっかり守れない自分自身に正直凹む日もありますが、どんな仕事をしていてもミスや失敗し、怒られながら身体に染み込ませて一人前になるのが普通と考えればまだまだやっていけそうです。

痛い目も見ますが日々工夫・改善しながら目標に近づく過程を楽しんで行こうと思います。

では。

にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村