タイ嫁タイ株

投資で稼ぎたいと思い立ちタイの駐在を退職!私のタイ投資やFXの勉強の過程、投資成果などシェアしてゆきます。

【タイ株 株価指数 SETトレンド】2019年8月15日版「タイ株価指数SET1,604、しっかり暴落しました」

                   f:id:shogun8:20190816112619p:plain

2019年8月15日のタイ株指数SETは1,604にて終えました、、、暴落してますね。

さて皆様、お盆休みはいかがお過ごしでしょうか。日本のニュースを見ているとどうやらタイより暑いそうです、、、。

8月に入って世界中の株も為替も荒れている模様です、そしてタイ株も同様に大きく動きましたね。

7月の4週目にはまたSET1700台だったものがわずか3週間足らずでSET1,600に、、、一時はSET1,500台に突入していますので結構な暴落と言えそうです。

どこまで落ちるかは分かりませんが、今週もタイ株のトレンドを見ていきましょう。

 

2019年8月15日版「タイ株価指数SET1,604、しっかり暴落しました」

タイ株に限らずですが暴騰したり暴落したり忙しいですね、、、為替もここ数日で暴騰が連続してあったりと何かと不安定です。仮想通貨も結構大きく落ち始めましたしね。

こういう時に大きく稼げる人もいれば、資金を根こそぎヤられる人もいるんだろうと想像します。

さて、そんな荒れ気味な相場ですが直近のタイ株市場の動きを見ていきたいと思います。

まずはタイ株指数SETの日足チャートから見ていきましょう。

f:id:shogun8:20190816003359p:plain

8月2日にはSET1,700を切りましたがそこからSET1,600までが早かったですね。

8月2日から実働8日ほどですがわずか8日でSET指数は80以上下げ、現在SET1,604に収まっています。

SET1,600は一つの区切りでしょうから多少揉むのではないかと考えていますが反発狙いで買うには恐ろしいな、と個人的には思っています。

恐ろしい所を買える人が稼げる人らしいですが、、、これはちょっと恐ろしすぎます。いや、それともチャンスなのか、、、迷う所ですがあと1週間で下げ止まったら良い個別銘柄を探してみようかと思います。

次にSET指数の1時間足チャートを見てみます。

f:id:shogun8:20190816004109p:plain

8月8日以降の落ち込みが激しいのが良く分かりますね。

一応SET1,600付近で反発しています、、、が、なんかあまり信用したくないですよね。どこかのタイミングでSET1,680~1,700までは反発する気もしますが世界の株価の流れを見ても「これからもっと上昇!」という感じもないですしね。

それと5月に一度反発して大きく上昇していますが、分かりやすいパターンが2度続く時は警戒した方が良いかなと思っています。

近い期間で同じことは2度起きないって良く言われますしね。

という事でタイ株でエントリーすることもなくただただ傍観するのみになってしまっていますが、正直いつ入って良いか踏ん切りがつかない状態です。

とはいえ無理してエントリーして資金を減らしては元も子もありませんからね、じっくり個別チャートも見ながらチャンスを見極めて着実にやっていきます。

 

気にしているSET指数達と今後の見通し

このように暴落の月となった8月ですが、この暴落がどのあたりで止まりそうなのか、止まったとしたら次にどのように動きそうなのかを日足チャートから想定してみたいと思います。

f:id:shogun8:20190816005723p:plain

まずポイントとなりそうなSET指数は15日現在のSET1,600。5月とそれ以前にも何度かここで止まっているので8月の暴落が収まる点の候補としては上がってくるかもしれませんね。

とはいえ世界的に株価が一斉に落ち始めているのを考慮するとそれに釣られてもっと下降を続ける可能性も無視できません、、、となると次の候補は2018年末に到達したSET1,550も考慮に入れておかないといけません。

そして「下がったら上がる」はずですが、反発したならネックラインであるSET1,680もしくはキリの良いSET1,700、それか2018年から来ている下降トレンドラインとローソク足がぶつかるであろうSET1,630~1,650くらいまで上昇して次どうなるかをさらに傍観、、、といった感じかと思っています。

6月には2018年から来ている下降チャネルを抜けた、と思ったらまたこの下降チャネルの中に潜り込んできてしまったので何か気持ち悪いなという感じです。

もちろんすべてがテクニカル通りに動くはずも無いのですが、世界中の株が「落ち始めている」中でちょっと暴落したからと言って買いに走るのは怖いですよね。こういう時は株は傍観してFXとか別の事をするに限ります。

 

直近トレンドまとめ

  • 直近7日間では「下降トレンド
  • 直近1ヶ月「下降トレンド
  • 直近3ヶ月 「横ばい中
  • 直近6ヶ月「下降トレンド

 

まとめ

2019年8月15日時点のタイ株市場の動きをシェアさせて頂きましたがいかがだったでしょうか。

 ダウも日経もですが長期の下降トレンドに入るんじゃないかと思わせるような雰囲気を感じるのは自分だけではないはずです。そんな中でタイ株もしっかり暴落、、、6月、7月はあれだけ暴騰して「今年はやっぱり上昇トレンドか」なんて感じていたのがウソのようです。

ほとんどの上がりそうな局面で上がらず落ちる(たまに本当に上がる)、ほとんどの下がりそうな局面で下がらず上がる(けどたまに本当に落ちる)、ややこしいヤツ、これが相場の真実なのかも知れないです。

FXもこれでヤラレまくるので、こういうもんだとしっかり心得た上で取り組む必要がありそうですね。

相場では「安く買い、高くなったら売る(高い所で売り、安くなったら買い戻す)」が当たり前に聞こえますが、現実世界では「右のゴールポストを見ながら左端にボールを蹴る」、「右ストレートのモーションで左ローキック」、「左足でアクセル操作をし右を見ながら左にハンドルを切る」のと同じくらい特殊な事だと最近感じるようになりました。

「下がると見越したうえで、ビョーンと上がるのを待ち伏せしてショート」、、、「左に曲がるんだけど、右見ながらハンドルを左に切る」的な感じです。

相場で生き残るにはこの感覚が必要なのかもしれません。

では。

にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村