タイ嫁タイ株

投資で稼ぎたいと思い立ちタイの駐在を退職!私のタイ投資やFXの勉強の過程、投資成果などシェアしてゆきます。

【タイ株 株価指数 SETトレンド】2019年8月2日版「タイ株価指数SET1,684、8月は押し目の月?」

 

              f:id:shogun8:20190805003244p:plain
2019年8月2日のタイ株指数SETは1,684にて終えました。

31日にの深夜にFRBの利下げが発表されましたね、、、そして1日の米株は下げ、日経も前場は下げ 、為替はドルが上昇、、、からの2日にはドルの爆下げ。

巷ではパニック相場なんて騒がれているようですが、運が良いのか悪いのか自分はひどい食中毒で入院していたためドル円のレートを見てただただビビっただけでした。

ま、下手に手を出さずに済んで良かったのかも知れないですけどね。

さて、7月に爆上げしたタイ株も7月の末から調整の局面がやってきたのか上昇の勢いが収まり押し目かなと思わせる動きが出てきましたよね。そして8月頭の爆弾事件も相まって急下落、、、またもやタイミング良過ぎて恐ろしすぎます。

ということで今週もタイ株の状況を見ていきたいと思います。

 

 2019年8月2日版「タイ株価指数SET1,684、8月は押し目の月?」

6月末から7月はタイ株は完全にイケイケな状況でした、、、が、7月も4週目に入りその勢いが収束してきたのは皆様も感じるところだったかと思います。

おそらくタイ株に限らず日本の株、米株をされている方も同じように感じていたのではないでしょうか。そして8月の1日、2日はガツンと落ちました、、、。

ということでここ1,2カ月は大きく動いたタイ株市場でしたが、直近の動きも合わせてトレンドを見ていきたいと思います。

タイ株指数SETの日足チャートから見ていきましょう。

f:id:shogun8:20190804233022p:plain

 右上のあたりが現在のロウソク足ですが31日中にSET1,700にタッチしかけた、、、と思ったら週末の8月1日、2日でSET1700を一気に下抜けしました。

8月2日のSET指数の終値はSET1,684でしたがもうちょっと下がりそうな雰囲気を醸し出していますよね。

次にタイ株指数SETの1時間足チャートを見てみます。

f:id:shogun8:20190804233254p:plain

 7月は上限SET1,750、下限SET1,710でレンジになっていましたが4週目からは下落の兆候が見え始め月末にはレンジの下限にタッチ。8月に入って一気にSET1,600台まで下落という流れがしっかりと見れ取れます。

直近の流れを見ると5月=下落、6月=上昇、7月=上昇~レンジとなっています。

1週間ごとに細かい流れは上下しますが、1ヵ月を一つのサイクルと捉えてみるとやっぱり1ヵ月おきに中サイズの流れが変わっているような気がしてなりません。

と考えると8月も流れが変わるとすれば「下降」なのかなと思ってしまう所です。

ま、この辺については下記のポイントとなりそうなSET指数とあわせて見ていきましょう。

 

気にしているSET指数達と今後の見通し

ということで流れが変わりそうな雰囲気をみせた8月の第一週目でしたが、8月はどうなりそうなのか、気にすべきSET指数、1年というスパンで見た場合は現在がどういう状態なのかをちょっと考えてみようかと思います。

f:id:shogun8:20190804235231p:plain

8月に入り勢いよく落ち始めたタイ株ですがこれの意味するところを考えてみたのですが下記のようなパターンじゃないかなと想像しています。

セオリー通りに考えた場合

「2019年1月~というスパンで見ると確実に上昇トレンドの途中の押し目に過ぎない」というのが最も一般的な考えかと思っています。

というのも上記図内に青いトレンドラインを引いてみると2019年中の上昇トレンドの最中にいることが分かるかと思います。5月に1回目の押し目を付けて、6月に2018年からの下降トレンドラインをブレイク、そして8月が押し目だと自然な流れに感じます。

この場合はSET1,630あたりに落ちるまでの間に良い感じに押している銘柄を拾っていけば良いかも知れません。そして1630まで来ても反発しなければ一旦損切、という感じであればチャレンジしてみても良いかなとは思っています。

最悪SET1,600くらいまで押したりしないかという点も考慮に入れておこうとは思っています。

ま、こんな単純に動かないから苦労するんですけどね(笑)

世界の株価に引っ張られるかも知れないと考えた場合

特に米株ですが、個人的にはタイ株と連動して動いているように見えて仕方ありません、、、日経も米株の影響をうけているようですしある意味当たり前の事なのかも知れません。

となるとダウは7月4週目からがっつり落ちていますし、日経なんか6月から上値が重いですし、、、このままこの2つが下降トレンドに入り始めれば当然タイ株も影響を受けるはずです。

テクニカル的には次の押し目で買いたくなってしまうのですが、世界の株価を考慮すると本当に手を出して良いのかなー?なんてことも考えてしまう訳です。

ということでタイ株が下落トレンドにまた戻ったとしてもSET1,630や1,600もしくは別の地点で一回くらいは戻りがあるはずなのでそこに引っかからないようにも注意をしておこうと思っています。

ということで正直何が起こるか分かりませんが、、、が何かしらストーリーを持っておくことは重要だと思っています。期待だけでやっちゃうとまた同じミスをしてしまいますからね。

という事で8月末~9月頭くらいにエントリーチャンスがないか目を光らせておこうと考えています。

 

直近トレンドまとめ

  • 直近7日間では「下降トレンド
  • 直近1ヶ月「下降トレンド
  • 直近3ヶ月 「横ばい中
  • 直近6ヶ月「上昇トレンド中

 

まとめ

ということで2019年8月2日時点のタイ株市場の状況をシェアさせて頂きました。

FRBの利下げから世界の株価、為替の動きが大きく変わり始めたような印象を受けます。待ってましたと言わんばかりです。

実は世界中の株価の長ーい下降トレンドへの入り口だったりしないだろうか、、、なんて心配になっています。

仮にそうなってしまったらFX一択で頑張るしかないですね。

では。

にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村