タイ嫁タイ株

投資で稼ぎたいと思い立ちタイの駐在を退職!私のタイ投資やFXの勉強の過程、投資成果などシェアしてゆきます。

株・FX初心者が「短期投資と長期投資」のどちらが良いかを考えてみた

f:id:shogun8:20190721191454p:plain

短期投資と長期投資 どちらが良い?

タイ株の高配当で儲けようと甘い思い付きをした日から数えて約3年、タイ株とFXの短期トレードを初めて6カ月強が経過しました。

という事で今回は、仕事を辞め本格的にトレードの勉強を始めた投資初心者の視点で「短期投資と長期投資どっちをするのが良いの?」という事をお話ししてみようと思います。

早速ですが結論に触れてしまうと「そんなにお金がないなら選択肢は短期投資しか無い」、「失っても良いお金が数千万円単位で有り、別の収入もあるなら長期投資もできる」というのが自分の意見です。

というのも、、、少額しかなく(個人的には1000万円未満)、しかもそれが全資産なら長期投資をしてもリスクばかり背負うのと資金を動かせない不自由さで長期投資のメリットを享受できないんじゃないかなと思うからです。

という事でそんなことも踏まえながら短期投資と長期投資の「メリット・デメリット」、「向いている人・向いていない人」など触れながらどちらが良いのかを投資初心者の視点で見ていこうと思います。

 

株・FX初心者が「短期投資と長期投資」のどちらが良いかを考えてみた

さて、冒頭でも述べましたが「短期投資と長期投資」のどちらが良いのか、どちらをするべきかという事を考えた場合、それは「保有している(且つ失っても良い)資金量」と「投資に割ける時間」によるのではないかと思う訳です。

つまりどちらがい良いかという選択肢は、

「資金 少(1,000万円未満)」 × 「暇な時間 少~多」 →「短期投資のみしかない

「資金 多(数千万円以上)」× 「暇な時間 少」       →「短期に加え長期投資をしても良い

という風になると考えています(あくまで投資初心者の意見です)。

お金がたくさんあれば長期投資をしても十分なメリットを享受できますが、少ない資金で長期投資をしてもそんなにメリットを受けられない、と自分は考えているため「資金が少ない」なら「短期投資」しか選択肢はないのでは無いかと思う次第です。

例えばですが28歳で「手取り25万円」×「貯蓄150万円」の若者が「伸びが期待でき、しかも配当が3%ついてくる株」に5年くらいの長期的なスパンで100万円を投資をしたとします。

年間の配当利回りは3万円、株価は上下しますが運よく5年後には20%上昇していたとしましょう。5年後、この100万円は135万円になり35万円の利益が手に入ります。

5年で35万円、、、配当があるとは言え自分の総資金の7割近くを元本割れのリスクが大きい株に投じて5年間も待って35万円です。株の価値が上がった33歳の時点で35万円の利益が出来ますが結婚資金の足しにしては少なく、新車を買う頭金としても少ない、、、これって「豊か」になったのでしょうか?この100万円で自分磨きをして収入を上げた方が早かったんじゃないでしょうか?

これが35歳、手取35万円で貯蓄600万円の場合でもそれほど大差無いと思っています。結婚をしている年齢でしょうし住宅ローンも払っており貯蓄に回せる額も多くないはずです。そんな状況でリスクのある株に何年間も400万円も500万円も投じる勇気がありますか?という話です。

5年でキャピタルゲインがプラス20%なら良いですが、仮にマイナス20%なら、、、3%×5年の配当を入れても5%の赤字です。うまく行ったとしても500万円から5年で得られる利益は175万円、ミスったらマイナス25万円かもしくはそれ以上のマイナス。そして、資産の8割以上を5年間もリスクにさらしている訳ですけれど、これを相当危険だと思うのは自分だけでしょうか。

仮にうまくいっても5年でプラス175万円、、、大化けして2倍になってもプラス575万円、、、「人生豊かになった」でしょうか?

そこで投資初心者の自分は思ったわけです、、、「世間的には超大金ではないものの自分にとって超大切な資産の大部分を長期投資に回し、自由にできないまま何年もリスクにさらすことに意味はあるのだろうか?」と。

巷では「長期投資は短期投資に比べて難易度が低い」という情報をかなり見かけますが過去にタイ株を2年以上ほったらかして保有していた経験からすると株価が上下するリスクからは間違いなく逃げられません、、、保有株の一部が20%急落して保有株の評価額はトータルでマイナス、、、みたいな感じで配当入れても結局ほとんど利益は残らなかった覚えがあります。自分の選択や逃げ時がマズかったのも原因ですけど、まったくの素人にそれを予期することは無理でしたしすぐに撤退することもできませんでした。

人によって投資から得られるリターンへの期待というのは異なると思いますが「なんかネットの広告よく見るし」とか「銀行よりは利率が良いから」という理由だけで、相場についてしっかりと勉強をせずに長期投資を始めると10年とか20年という長いスパンで見た場合ほとんどの人が利益どころかトントンかマイナス収支で終わるんじゃないかと想像します(あくまで初心者の想像ですよ、、、)。

という事で「将来の資産を築く」とか「目先の生活を豊かにしたい」とか「自由を得たい」という希望があるならば自分は次のように考える訳です、、、「金は無いけど希望があるならしっかり勉強して短期で資金を回して稼ぐべき」「毎月の安定収入もあり1.5億円余って困っているなら、、、5000万円を長期で運用、3000万円は短期で回して(しっかり勉強した上で)、残り8000万円は現金で持ち別途投資したいものが出現するまで持っておくくらいな感じでゆとりを持って増やせば良い(資金配分は例えです)」と。

利回り5%のものでも元本割れのリスクがバリバリがある投資の世界で全財産1000万円を長期投資に回し年利で毎年50万円を手できたら、、、確かに嬉しい、、、ですが我々が希望する豊かな生活にならないのは明らかですよね。

 

そもそも短期投資と長期投資のメリット・デメリット・共通点って何?

そもそも短期投資と長期投資のメリット・デメリットで何だろうという点に触れておくべきですよね。一般的に言われていること、自分の感じるところをまずはまとめてみました。

短期投資のメリット・デメリット

短期投資のメリット

  • 資金効率が良い=少額でもそれなりのリターンを生み出せ、資金が増える速度が速い
  • 増えた資金をすぐに引き出し生活やさらなる投資に回せる
  • 暴落など不測の事態に巻き込まれる確率が低い(資金を相場・リスクにさらす時間が短い)

短期投資のデメリット

  • チャートと向き合う時間が長い(フルタイムで働いている人には重荷になる)
  • ある程度のスキル・経験が無いとあっという間に含み損を抱え損切してしまう可能性が高い(あっという間に利が乗るのも事実)
  • 損切りが遅れると短期間で致命的な損失を受けることがある
  • 資金が減る速度も速い
  • 取引回数の多いため、手数料がかさむ(FXの手数料なんかは無視できるレベルだと思いますが、、、)
  • 利益を出し続けるのは長期投資に比べ難しいと言われている(実際に難しい)
  • 時間軸が短くなるほど取引の難易度が高いと言われている(個人的には性格や勉強次第な気がしています)

 

長期投資のメリット・デメリット

長期投資のメリット

  • 短期売買に対し掛かる手数料が少ない
  • 短期売買に対して手間が少ない(個人的には下調べに相当時間が必要と思っています)
  • 長期(最低でも1年以上~)で保有することでキャピタルゲインに加えインカムゲインも期待できる

長期投資のデメリット

  • 期待した利益が乗るまでに時間が掛かる(何倍にも伸びる株もありますが何年も時間が掛かるのが普通)
  • 「時間×利幅」という視点で見た場合資金効率が悪い=目先の豊かさや自由を手に入れることに直結しづらい
  • 暴落など不測の事態に巻き込まれる確率が高い(例えば5年保有中に世界のどこかでテロや銀行破綻が起きるかも知れない、、など)

 

短期投資・長期投資に共通していること
  • どちらも等しくムズカシイ、、、相当な勉強・経験無くして「老後の資産を築く」・「生活をさらに豊かにする」・「自由を手にする」レベルのプラス収支で生涯で終えることは非常に難しいと思います。
  • ファンドや証券会社など、これでメシを食っているプロがいるくらいですので「相場は基本的に万人にフェアなモノである」という考えは捨てた方が良い気がしています、、、カジノでもカジノ側に安定的に利益が残るようになっているのですから普通に考えれば「場を仕切る側にお金を巻き上げられて然り」と自分は考えています。
  • 「短期だからリスクが高く、長期だからリスクが低い」という問題ではなく、どちらも大きなリスクを背負っていると思います。資産の増減のサイクルが早いか遅いかの違いがあるだけ、と自分は考えています。

 

短期投資から始めるべき(と思われる)人・長期投資をしても良い(と思われる)人

という事で短期投資と長期投資について見てきましたが実際「どんな人」が短期投資や長期投資に向いているのか、またはそうでないのかを具体的なプロフィールを挙げながら見ていこうと思います。

短期投資から始めるべきと思われる人の特徴
  • 全く投資をしたことが無い人(投資のいろはを早く身に着けるという意味で)
  • 投資用資金はあるがまだ大金でない(投資資金1000万円未満)
  • 割と早いスパンで豊かになりたい人(投資を始めてから3年以内くらい)
  • 資金を減らすリスクを負える人
  • 平日に比較的時間が多く取れる人(土日のみバイト、平日トレード+勉強など)

具体的には、、、

  • 平日休みのサラリーマンの方(平日なら株の短期トレードも可能で、夜はFXをするという事も可能ですよね)
  • パートタイムワーカーの方
  • 専業主婦の方(一日3時間だけとか時間を区切る)
  • 無職の方(ただし多少の貯金があることが前提)
  • 残業が少ないフルタイムのサラリーマンの方(平日夜にFXだけするスタイル)
  • お金がと時間が余って仕方ない高齢の方、、、など

かなと個人的には思っています。

長期投資しても良いと思われる人の特徴
  • 投資用資金が潤沢にある(投資用資金だけで最低でも5000万円~)
  • 安定収入、もしくは働かなくても暮らせるくらいの資金がある人
  • 資金を減らすリスクを負える人

具体的には、、、

  • ビジネスが上手く回り、時間と資金に余裕のあるビジネスオーナーの方
  • 超高収入のサラリーマンの方(休日くらいは勉強する余裕がある方)
  • お金がと時間が余って仕方ない高齢の方、、、など

という感じではないでしょうか。

簡単にまとめると「大金ないけど暇と夢はある、という人は短期から」、「お金が余って仕方ないので資産の一部を多少のリスクをさらしながら総資産を増やしたいなら長期(短期を絡めても良い)」というのが投資初心者の視点から見たマッチングです。

 

 

短期投資にも長期投資にも向かない(と思われる)人

逆に短期投資にも長期投資にも向いていない人は共通する、と自分は考えています。

それは、下記のような特徴を持つ方かなと思っています。

  • 収入が少なく目先の生活に一杯一杯な方、10万や20万の資金も貯められない方、、、絶対ではありませんが大切なお金を短期や長期投資で回してリスクにさらす前に、本業で一所懸命に頑張るか転職するなど「給料アップ」をして目先の生活の安定を優先すべきな気がします。少ない投資額から得られる利益は微々たるものですし、ミスしてなけなしの資金が飛んでふさぎ込んでしまっては本末転倒な気がします。
  • 勉強しない方、、、「投資」だけに限らずですが、プロ、セミプロ、アマチュアがしのぎを削っている世界ですから素人がボーっとしてたら絶対にヤられますよね、、、。上記のカジノの話ではありませんがその業界が成り立っているという事は、プロがふらっと迷い込んだ素人から資金をムシリとっていると考えるのが自然です。大きな夢がある世界ですが、努力なしで長期的に成果を上げることは「ムリ」と個人的には思っています。

こういう特徴がある方は投資で「老後の資産を築く」、「生活をさらに豊かにする」、「自由を手にする」のは難しいのではないかと思います。

統計的なデータはありませんが「投資をした人の9割が負ける」と言われる世界ですから「とりあえずやってみた」で上手く行く可能性は極めて低い、と気を引き締めていくのがあるべき姿だと考えています。

 

初心者的には圧倒的に「短期投資」から始めるのが良いと思っています

短期投資と長期投資の特徴やメリット、デメリット、人による向き・不向きを見てきましたが、勉強もせずほったらかし長期投資を約3年、本格的に短期トレードの勉強を始めて6カ月の経験からするとせっかく「投資の世界」に足を踏み入れるなら「短期投資」から始めるのが良かったと思っています。

なぜかというと、

  • そもそも「長期投資」で十分な利益を得られるほどの資金が無い場合がほとんどである。大事な大事な1000万円の元手で年間50万円やそこらを得られるのは嬉しいが、それでは「豊か」にはなれないし元本1000万円が800万円になるリスクに耐えられる自信も無ければ1200万円に増えるのかが分かる先見の明もない。それならしっかりと短期投資を勉強し500万円を回した方が早く資金を増やせる可能性がはるかに高い。
  • 短期投資、スキャルピング・デイトレード・スイングトレードを勉強し実践する事で「チャートを読む力、分析力、相場観、含み益や含み損に慣れるといった投資に必要な経験」を短期間に大量に浴びる事ができる。本当の意味で相場に早く慣れられる。
  • 短期投資の知識・スキルが上達すれば、長期投資の資金を作ることもできる。(上達次第ですが、、、)
  • 投資への興味が冷めれば早い段階で別の「もっと意味のあること」にお金や時間を使う選択肢を選べる。 

から、と思っています。

結局、相場がなぜ動くのかのメカニズムを知識として分かっていないと短期でも長期でも長きにわたって生き残ることは難しいはずです。

アップル株の業績が良いにも関わらずアップルショックが起こったり、好業績のツイッターが偽アカウントを削除しただけなのに株価が暴落したり、、、、「え!なんで!」的な事が起こりまくるのが相場の世界だと身をもって認識してきた訳ですが、投資に関する本を何冊も本でいるとこういった現象に自分なりの解釈ができるようになってきます(正しいかただの妄想かは別として)。

あくまで個人的な見解ですが「短期投資」は大口投資家の「仕掛け・揺動」に上手く乗っかり利ざやを取る事が肝、「長期投資」は投資対象の5年後10年後の価値を現在の状態から推し量ることが肝であると考えているため「短期投資」の知識があれば「長期投資」中の短期的な株価の上下で目線がブレにくくなるでしょうから、どちらにせよ「短期投資」の勉強をすることにメリットが多いと考える訳です。

自分の場合「短期投資」を初めて6カ月強ですが、ビギナーズラックでガツンと勝って「良し来た!」と調子に乗った直後に利益を一瞬で吹っ飛ばしてガタガタに落ち込んで、ビビりトレードになってしまって、また少し勝っては負けての繰り返しで正直資金は全然増えないのですが相場に対する理解と成長の実感は持てています。

という事で、まとめると「短期にしろ長期にしろ勉強は必要」、でどうせするなら「自身の経済的事情を考えても短期から勉強と実践を始めるのがベターではないか」というのがここでの結論です。

 

プロのFXデイトレーダーはどれくらいのスピードで資金を増やしているのか?

参考までに短期投資を極めるとどれくらい稼げるのかを、現役のFXデイトレーダー及川圭哉さんの情報をもとにちょっと妄想してみようかと思います。

毎週Youtubeで公開トレードをしている方ですがこの方が公言している目標はズバリ、

  • 一日で投資資金を1~2%増やす(実際には1日30分から数時間のトレードで)

です。(ちなみに最近Youtubeでよく見るAkiさんも同じ目標を口にしているのを見かけました、、、)

投資金額は見えませんがとんでもないロット(たまに3000万通貨以上)で取引をし、ほぼ毎回最低でも100万円以上の利益を獲得しているのでおそらく証拠金は1億円以上は軽く入っているんだろうなという感じの方です。

一日の収支を絶対マイナスにしないらしいので毎日トレードすれば月利20%くらいということでしょうか。

取りあえずこの技術が極めて難しい事を一旦横に置いておくと、証拠金100万円もあればそこから20万円/月の利益を絞り出せる計算です。

証拠金200万円なら40万円/月の利益。

証拠金300万円なら60万円/月の利益。

ちなみに1日1%の利益というのは100万円の証拠金があれば20万通貨(2ロット)で取引してたった5pips/日取るだけ、200万円の証拠金があれば40万通貨(4ロット)で5pips/日、300万円の証拠金があれば60万通貨(6ロット)で5pips/日、、、なんです。

安定して毎日5pips取るには相当のスキャルピングかデイトレの熟練度が必要ですが、最初からあきらめたくなるような目標でもないですし、こんな技術なら2年や3年かかっても習得したいと思います。

1000万円を5年で2倍の2000万円にするより、200万円を翌月に220万円~240万円に増やせた方がよっぽど現実的でかつ早く資産を増やせる気がするのは自分だけでしょうか。

ちなみにこのトレーダーさん、5年間Youtubeで公開トレードをしていますがマイナス収支で終わった録画はほとんど無いとのことなので、、、普段も勝っているんでしょう、、、とすれば1年で元本が2.4倍に増える計算です。

、、、やっぱり「大金が無いなら短期投資しか無い」よなと思う訳です。

 

まとめ

さて、株・FX初心者が「短期投資と長期投資」のどちらが良いかを考えてみた訳ですがいかがだったでしょうか。

もちろん人それぞれ考えは異なりますし、投資中級者や上級者の方からしてみれば「アホちゃうか、甘いわ」という声もあるかも知れません。が、投資初心者が実際に投資をしてみて感じたことを率直に書いてみたくなったので至らぬ点については温かい目で見て頂ければと思います。

それと最近だと「老後2000万円不足問題」であわてて投資を始める方も多いことかと思います。だから書いた、、、という訳ではありませんが「これから投資してみよう」という方に初心者が実際に感じた事を参考にして頂ければと思った次第です。

ちなみにFXのスキャルピングやデイトレならば短時間でトレードできますし、何百万も何千万円も準備せずそこそこのリターンが期待できますし、短期間で多くの経験が積めるということで、個人的にはまずはココから手を出すというのが最も現実的な投資の選択肢な気がしています、、、難しさも最高ですが。

では。

にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村