タイ嫁タイ株

投資で稼ぎたいと思い立ちタイの駐在を退職!私のタイ投資やFXの勉強の過程、投資成果などシェアしてゆきます。

【タイ株 実践】「大きく損した」そんな日は

             f:id:shogun8:20190211234822p:plain

本日のタイ株指数SETは1,638、先週から大きく下落しました。

先週の急落は「タイ王女の首相候補問題」だったのか、、、土日のニュースを見て納得しました。先週中に2回の急落があったので、大事をとって週末にはポジションを全部戻しておくべきでした。

結局2月前半で稼いだ利益が半減するまでの「損切り」をする羽目になってしまい、、、痛恨の判断ミスです。

ということで、「大きく損した」そんな日、、、株初心者の自分が何を思ったのかをここにまとめてみようと思います。

 

「大きく損した」そんな日は

当然ながら勿体無かったと心の底から思っているのですが、ちょうど「思考は現実化する」という本を読んでいて色々とポジティブなメッセージを見たおかげか、そこまで悲観的にならずに済んでいます。

今の心境としては、

  • 勿体ない!けど「覆水盆に返らず」なので残り2週間でチャンスを狙うしかない
  • 長い道のりの内の3歩目くらいでつまづいて転んだだけ

という感じです。

ちなみに前回の「損切り」では倦怠感に襲われ2時間弱寝込みましたので、メンタル面で少し前進したのでしょうか。

ということで「大きく損した」そんな日は

  • とっとと「損した事実」を忘れ、次「どう稼ぐか」に注力しましょう

と自分に言い聞かせるようにしました。落ち込む時間があればどんどん稼ぐ方向に時間と力を注ぐ方がどう考えても合理的だよな、と思いながら勉強したり、色々とタイ政治の情報をあさったりしています。

 

いくらくらい「損切り」したのか

今日一日の損切は約17,500バーツ(約6万円)でした。

ちなみに2月の損切前までの利益はだいたい36,000バーツ(約12万円)でしたの半分を失った計算になります。

いやぁ、、、実に勿体ないですけど「損切り」しちゃったものは戻ってこないのでその分どこかで稼がないといけません。

今月の目標利益は90,000バーツ、現在の利益は17,500バーツ、達成率19.4%、、、これまで読んできた本の中に「稼いでいるトレーダーさんは圧倒的に損切が少ない」と書かれてましたが、こういうことなんですよね。

今回の損切りは正直だいぶためらった結果でしたので、本当に本に書いてあった通りになっている気がします。「分かる」と「できる」には雲泥の差があるので実践あるのみだと身に沁みました。

※cisさんの著書に書かれていたのですが、内容が気になる方はこちらの記事をご覧ください。

 

 スポンサーサイト

 

 

思考は現実化する」という本から得た考え

この本を読んだ方はご存知だと思いますが、何人もの成功者の実例を説明しているんですね。そこで発見したのは「成功者は誰しも失敗しまくって、困難にもめげず、時間をかけて成功を掴んでいる」ということなんですよね。

成功しなかった人との違いは「明確な目標をもって、情熱をもって、あきらめずに、正しい方法で継続して目標を目指し努力した」という所にあるような気がしています(自分なりのざっくりした解釈である点はご了承ください)。

この「思考は現実化する」という本はまだ全部読み切れていないのですが、

  • 「自分が今やっている事に対して正しい努力の仕方」
  • 「あきらめない勇気をくれる」

そんな一冊だなと感じながら、読み進めているところです。

もしこの本を読む前に「大きな損」を出していたなら、おそらくへこんでまた寝込んでいたものと思います。

本当に素晴らしい本ですので、また読み終わり考えに整理がついたらもっと具体的に何が良かったのかをご紹介したいと思います。

 

 

まとめ

ということで今回は「大きく損した」そんな日は、こんな風に考えてみようという取り留めもないことをお話させて頂きました。

本心を言えば「損切りする前から兆候が出ていたのに何でもっと早く逃げなかったんだ」という気持ちもありますが、これは技術やセンスの話で少しづつ経験を積んで身に着けるしかないと実感しています。

なので株初心者が「大きく損が出てしまった、出してしまった」そんな日は「次に、どのタイミングでどのように稼ぐか」を考えて前に進むしかないんですね。

いやー結局頑張るしか無いという事ですね。

では。

 にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村

 

株初心者が「資産230億円の投資家cisさんの本」を読み学んだこと の記事はこちらからどうぞ

www.thaiyome-thaikabu.com

 

 スポンサーサイト