タイ嫁タイ株

投資で稼ぎたいと思い立ちタイの駐在を退職!私のタイ投資やFXの勉強の過程、投資成果などシェアしてゆきます。

【タイ株 短期投資】初心者が考える短期投資で生計を立てるのに必要な投資額

          f:id:shogun8:20190129234751p:plain

本日のタイ株指数SETは1,624、伸びはしませんでしたが前日から大きく落ちたわけでもありません。上昇トレンドの中休みであると信じています。

さて、1月半ばから思い出したように短期トレードを再開しておりますが何が起きたか割と良い成績で1月を終えようとしています。たかが2週間ではありますが、自己の戦績を振り返り今後の投資のやり方について少し検討してみました。というか取らぬ狸の皮算用してみました。

、、、何を検討したのかというと「自分は資金を月間何%増やせるのかという点」と「この戦い方ならいくらの資金を準備する事で生計が成り立つか」の2点です。

ではさっそく見ていきましょう。

 

初心者が考える短期投資で生計を立てるのに必要な投資額

この2週間の戦績から考えてみた短期投資で生計を立てるのに必要な投資額は

100万バーツ(約342万円)

であるという結論に至りました。

なぜか?

たかだかこの2週間だけの結果ではありますが、実働11日間・5戦の戦績と手ごたえからすると1日あたり0.3~0.4%は資産を増やせそうな気がするからです(詳しい計算は次の項で説明します)。

1ヶ月の実働を21日とすると大体月間で資産が6%~8%増える計算ですね。

ということはすべてのトレードに毎回100万バーツを投じて短期売買をすれば大体月に6万バーツ~8万バーツ(約20万円~27万円)の利益が得られることになります。

、、、生きていけますね。

毎回のトレードに200万バーツ(約684万円)を投じれば、利益の額は倍の12万バーツ~16万バーツ(約41万円~55万円)となります。

、、、いやぁ夢みたいな話ですね。

 

過去2週間の戦績と想定月利の計算根拠

しかしなんで上記のような計算ができるのか明確な理由が必要ですよね。

 まずは自分の過去2週間の戦績を見ていただきます。

1戦目)  売買額80万バーツ(約273万円)→ 利益0.33万バーツ(約1.1万円

    =2実働日で利回り0.44%

 

2戦目) 売買額22.5万バーツ(約77万円)→利益0.37万バーツ(約1.25万円)
    =3実働日で利回り1.64%

 

3戦目) 売買額25.9万バーツ(約88.9万円)→利益-0.03万バーツ(-約0.11万円)

    =2実働日で利回り-0.13%

 

4戦目) 売買額23.16万バーツ(約79.2万円)→利益5.34万バーツ(約18.3万円)

     =3実働日で利回り23.0% ※これは偶然なので3実働日で3%とする

 

5戦目(本日)) 売買額12.8万バーツ(約43.8万円)→利益0.23万バーツ(約0.8万円)

        =1実働日で利回り1.79%

 

11実働日で利回り6.74% =1実働日あたり0.61%づつ資産を増やせた事になります。

仮にですが6戦目にデイトレを行い損切を-2.0%で行ったとすると12実働日で利回りは4.74%=1実働日0.395%づつ資産を増やせる計算です。

月間の利回りに直してみると、

  • 調子が良ければ「1日あたり0.61%×21実働日=月利12.81%で資産を増やせる」
  • 少し現実的に見ると「1日あたり0.395%×21実働日=月利8.295%で資産を増やせる」
  • ちょっと厳しめに見ると「1日あたり0.25%×21実働日=月利5.25%で資産を増やせる」

実働3日のスイングトレードで2%ぐらい(1日当たり0.66%)の利益を取る自信は出てきたので、ちょこちょこ損切を入れても1日あたり0.25%(月間では5.25%)は投資した金額から利益を絞り出せるんじゃないかと見ています。

ま、すべてはまだ「取らぬ狸の皮算用」ですけれど、、、。

夢を見ている時が一番ワクワクしますからね、少しお付き合い頂ければと思います。

※ 第1戦~第4戦までのトレード内容が気になる方はこちらの記事もご覧ください。

【タイ株 スイングトレード】株初心者 「疑心暗鬼」からの「機会ロス」で学んだこと

【タイ株 スイングトレード】暴落タイ株銘柄に引き続き77万円分の「買い→売り」で利確

【タイ株 デイトレ】暴落タイ株銘柄 273万円分 の「売り」で利確

【タイ株 デイトレ】暴落気味のタイ株1銘柄に273万円分の「買い」

 

 スポンサーサイト

 

 

現実的に起こるであろうトラブル3つ

今後本格的にトレードをするに当たって、上記のプランを阻害する要因も考慮に入れておかなければいけません。

今思い浮かぶのは以下の3つです。

  1. 数日の短期トレードで常に100万バーツを回し続けるには証券会社に取引枠を増やして貰う必要がある。
  2. 投資額が増え、ビビっていつもと違う事をしてしまう。
  3. 市場の流れが変わり、今のやり方が通用しなくなる。

まず1つ目ですが、今使っているSBITOでは1日に買付できる額は50万バーツまでなんですね。最近トレードをしていて気づいたのですが「買い」のチャンスなんてほんの数分しかないため100万バーツの「買い」を2日や3日に分けて入れるわけにはいかないんです。

 証券会社の担当者にお願いメールを入れたのですが、枠拡げてくれますかね、、、これが拡がらないと自分の生計の目途が立たないのですが。

2つ目、3つ目は完全にトレードをする人間次第ですね。先日18万円の利確で心臓がバクバクしたくらいなのですが、要は慣れの問題ですよね。場数を踏むしかないと思っています。

 

まとめ

ということで今回は初心者なりに考えてみた「短期投資で生計を立てるのに必要な投資額」、「自分の投資の方向性」についてお話させて頂きました。

「取らぬ狸の皮算用」ともいいますが、、、(笑)

とはいえ自分は生活が掛かっているので結構真剣に考えたつもりです。

これから株を始めようとしている方、こんな考えの人間もいるよという事で参考にして頂ければと思います。

では。

  にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村

 

 スポンサーサイト

 

 

「なぜ株価は動くのか?」に初心者が納得した回答 の記事はこちらからどうぞ

www.thaiyome-thaikabu.com