タイ嫁タイ株

投資で稼ぎたいと思い立ちタイの駐在を退職!私のタイ投資やFXの勉強の過程、投資成果などシェアしてゆきます。

【タイ株 情報収集方法】誰でも無料で見られる「タイ株配当カレンダー」

              f:id:shogun8:20190121214518p:plain

本日2019年1月21日のSET指数は若干上昇しましたね、このまま1,600をサクッと超えて欲しいところです。

さて、タイ株に関する情報収集の方法は人それぞれあるかと思いますが今回は自分が普段から情報収集に使っているタイ株のサイトと、なかでもそのサイトにある「これは便利だ」と感心したタイ株の配当カレンダーを紹介させて頂きます。

というのもタイの証券会社SBITOもKT ZMICOからでも情報を探せるのですが、どこからどうやって探せば良いのか非常に苦労するんですよね。配当に関する情報についてはKT ZMICOのアプリでは何とか見つけましたが、Streamingではどうやって見れば良いのか未だに分かっていません。

という事でもっと効率よく情報集めができないかと思って見つけたのが今回ご紹介するタイの「settrade」というウェブサイトです。無料でしかも登録無しで色々な情報が見られるので本当に重宝しています。

タイの証券会社でタイ株を売買している方も、日本の証券会社でタイ株の売買をしている方も、これからタイ株を始めようかなという方にも役立つはずです。

 

誰でも無料で見られるタイ株配当カレンダー

このsettradeというウェブサイト、見られる情報は配当カレンダーだけではないんですがここの配当カレンダーは特に見やすいと感じたのでまずはこれをご紹介しようと思いました。

まずはどのようなものか見てみましょう。こんな感じです。

f:id:shogun8:20190121201448p:plain

f:id:shogun8:20190121201535p:plain

上が2019年1月のタイ株配当カレンダー、下が2月分です。

この配当カレンダーの何が便利かと言うと、

  • 月別、日別に銘柄ごとの配当落ち日がカレンダー形式で確認できる
  • 確定情報は少ないが翌月~2か月後の配当落ち日も確認できる
  • 過去の配当落ち日も2015年まで遡って確認できる

ま、、、いたって普通の「便利さ」ではあるんですが、冒頭でも述べた通りSBITOやKT ZMICOのサイトも取引ツールもこの情報がとても探しにくいから、こういうのがとにかく助かるんです。

ちなみにKT ZMICOの取引きアプリで見られる配当落ち日に関する情報はこんな感じです。 

f:id:shogun8:20190121202938p:plain

当月末までの配当落ち日までしかチェックできません。しかも過去のも翌月のも確認できません。ということでsettradeで開示されている配当カレンダーがいかに親切かがお分かり頂けたかと思います。

 

過去の配当日を遡って確認できるのが素晴らしい

自分が特に気に入っているのは2015年の配当落ち日まで遡って見られる、という点です。銘柄によって配当が年に1回だったり、2回だったり、3回だったりバラバラですので気になる銘柄があれば配当落ち日を調べたくなるのが信条だと思います。

1ページ1ページクリックしないといけないので結構地道な作業になるかとは思いますが過去4年分も情報が見れたら、どのタイミングで「買い」を入れるかの判断材料にもなるかと思います。例えば、年に一回しか配当落ち日が無い銘柄で、先月が配当落ち日だったら「買い」を入れるのに少し考えますよね。

ここで過去の配当落ち日の例を1つ見てみましょう。自分が好きだった銘柄BTSの2015年の配当です。

f:id:shogun8:20190121205128p:plain

f:id:shogun8:20190121205346p:plain

BTSは1月と7月の年2回の配当で、毎年このタイミングは変わっていないという事が確認できました。

気になっている銘柄をこのカレンダーから探してメモとっておけば、自分だけの配当カレンダーも作れますよね。これは大いに利用価値があると感じています。

 

 スポンサーサイト

 

 

「 settrade」内の配当カレンダーの探し方

という事で使い勝手については大体ご理解頂けたかと思いますので、どうやってこのサイトと配当カレンダーにたどり着けば良いのか、という点をご説明します。

 1. まずは「settrade」という言葉をネットで検索します

 2. 検索の一番上に「settrade」が出てくるはずなのでクリック

 3. 下記のようなページに来るはずです

f:id:shogun8:20190121211342p:plain

 4. 画面左上の「Market Data」にカーソルを合わせると、プルダウンが出てきますのでプルダウン内の「Market Data」をクリック。さらにプルダウンが出てきて「Stock Claendar」というのが出てきますのでそれをクリック。下記の図のような感じです。

f:id:shogun8:20190121211336p:plain

 5. すると下記の図のように配当カレンダーに到着です。

 画面左上で年、月の設定ができます。XDのついている銘柄が配当落ち銘柄ですね。

f:id:shogun8:20190121211632p:plain

 6.気になる銘柄をクリックすると下記のように配当額、支払日などの確認もできます。先ほども出てきたBTSですが2019年1月は18日が配当権利落ち日、支払い日は2月1日となっています。f:id:shogun8:20190121212006p:plain

※ちなみにサイトがタイ語表示になっていたら、右上のイギリス国旗をクリックしてください。英語表記に切り替わります。

f:id:shogun8:20190121212446p:plain

 

settradeの配当カレンダーの情報の信憑性について

この配当カレンダーってすべての銘柄の配当落ち日を網羅しているの?って思った方は多いのではないでしょうか。私もそのうちの一人です。

で、2019年1月だけですがKT ZMICOアプリで発表されている配当落ち日一覧とsettradeの配当カレンダーの情報を比べてみると、、、一致しました。

だからすべてを網羅しているという事にはならないのですが、過去のカレンダーを見る限り相当数がカレンダーないに記載されていましたので主要どころは押さえられているのではないかなというのが私の感想です。

お探しの銘柄が見つからなかった場合は、、、ま、そういう事だと思います。

 

まとめ

今回は自分が「これは便利だ」と思ったタイ株の配当カレンダーを紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか。既にご存知だった方も多いかも知れませんね。

StreamingにしろKT ZMICOの売買アプリにしろ「情報の探し易さ」という点を含めて本当にユーザーフレンドリーではないと感じます。それとの自分の使い方が悪いだけなのでしょうか、、、。

ともあれタイ株をしている方、興味がある方のお役に立てば幸いです。

では。

 にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村

 

 スポンサーサイト

 

 

タイのニュースを知るのに役立つ日本語の無料ニュースサイト4選 はこちらからどうぞ

www.thaiyome-thaikabu.com

タイ株 私のチャート設定と設定方法「Streaming(ストリーミング) for PC編」はこちらからどうぞ

www.thaiyome-thaikabu.com