タイ嫁タイ株

投資で稼ぎたいと思い立ちタイの駐在を退職!私のタイ投資やFXの勉強の過程、投資成果などシェアしてゆきます。

【タイ株 銘柄選び】タイの有力企業銘柄 上位10選(2019年1月版)

          f:id:shogun8:20190115181244p:plain

前回は2019年1月時点のタイ株の高配当銘柄上位10選をご紹介させて頂きましたね。

続いて今回はタイの有力企業銘柄上位10選という事で、2016年の世界の企業ランキング「フォーブズ・グローバル2000」にランクインしている企業の銘柄とその配当などをご紹介したいと思います。

(※ランキングは2016年の情報、配当は2019年1月時点の情報とご理解下さい。)

タイ株と言えば「高配当」が魅力的ですが、企業の安定性とのバランスも重要ですよね。という事でタイの有力企業にはどんな企業があって、その実力と配当がいかほどのものか見ていきましょう。

 

タイの有力企業銘柄 上位10選(2019年1月版)

 ※下記の情報はNNA ASIAの「世界企業番付、タイはPTTなど15社 - NNA ASIA・タイ・マクロ・統計・その他経済」、およびタイ株売買ツール「Streaming for PC」,「Z NET」より得た情報を元にしております。

 (追記 2019年4月25日  各銘柄の2019年4月時点の週足チャートを追加しました。どの銘柄も長期では右肩上がりでさすが有力企業と思います。配当を生み出してくれる資産としての価値は十分の期待できそうですね。)

 

 

1位 PTT (PTT PUBLIC COMPANY)  石油化学

  PTTと言えばタイで一番メジャーなガソリンスタンドを運営している企業ですね。

  •        2016年フォーブスランク 377位、 時価総額253億ドル
  •        配当 4.06% (2019年1月時点)
  •        ROA10.84%、ROE17.09%、Net Profit 6.61% (2017年末)

f:id:shogun8:20190425115007p:plain

タイ株 PTT週足チャート 2010年~2019年

 

2位 SCB (SIAM COMMERCIAL BANK PUBLIC COMPANY) 金融・銀行

       SCBは紫色の看板が特徴的な銀行です。タイ全国で見かける超大手ですね。

  •        2016年フォーブスランク 535位、時価総額127億ドル
  •     配当 4.12%(2019年1月時点)
  •        ROA1.80%、ROE12.37%、Net Profit 25.86% (2017年末)

f:id:shogun8:20190425115049p:plain

タイ株 SCB週足チャート 2010年~2019年

 

3位 KBANK (KASIKORNBANK PUBLIC COMPANY) 金融・銀行

     こちらは緑色の看板の銀行ですね。SCB、KBANKはタイ人には定番ですね。

  •    2016年フォーブス 566位、時価総額111億ドル
  •       配当 2.20%(2019年1月時点)
  •    ROA1.69%、ROE10.24%、Net Profit 19.03% (2017年末)

f:id:shogun8:20190425115128p:plain

タイ株 KBANK週足チャート 2010年~2019年

 

4位 SCC (THE SIAM CEMENT PUBLIC COMPANY) セメント

  タイ人の憧れの就職先にランクインするくらいの企業だそうです。

  •        2016年フォーブス 622位、時価総額165億ドル
  •        配当 4.42% (2019年1月時点)
  •        ROA14.48%、ROE21.97%、Net Profit 11.41% (2017年末)

f:id:shogun8:20190425115233p:plain

タイ株 SCC週足チャート 2010年~2019年

 

5位 BBL (BANGKOK BANK PUBLIC COMPANY) 金融・銀行

  駐在員ならまずここの口座を持つはずです。こちらも超大手銀行ですね。

  •        2016年フォーブス 779位、時価総額89億ドル
  •        配当 3.16% (2019年1月時点)
  •        ROA1.37%、ROE8.46%、Net Profit 22.40% (2017年末)

f:id:shogun8:20190425115314p:plain

タイ株 BBL週足チャート 2010年~1019年

 

6位 KTB (KRUNG THAI BANK PUBLIC COPANY) 金融・銀行

       日本のUFJと提携している黄色い看板の銀行です。もちろん超大手です。

  •        2016年フォーブス 846位、時価総額69億ドル
  •        配当 3.03% (2019年1月時点)
  •        ROA1.04%、ROE7.99%、Net Profit 14.3% (2017年末)

f:id:shogun8:20190425115355p:plain

タイ株 KTB週足チャート 2010年~2019年

 

7位 PTTGC (PTT GLOBAL CHEMICAL PUBLIC COMPANY) 石油化学

       一般人にはあまり関わりがないかも知れませんが石油化学の企業ですね。

  •        2016年フォーブス 1,013位、時価総額82億ドル
  •        配当 5.98% (2019年1月時点)
  •        ROA12.06%、ROE15.09%、Net Profit 8.75% (2017年末)

f:id:shogun8:20190425115435p:plain

タイ株 PTTGC週足チャート 2012年~2019年

 

8位 CPALL (CP ALL PUBLIC COPANY) 小売り

  皆さんご存知7-11を運営する企業ですね。普段からお世話になっています。

  •        2016年フォーブス 1,068位、時価総額118億ドル
  •        配当 1.47% (2019年1月時点)
  •        ROA8.84%、ROE30.5%、Net Profit 4.07% (2017年末)

f:id:shogun8:20190425115518p:plain

タイ株 CPALL週足チャート 2010年~2019年

 

9位 ADVANC (ADVANCED INFO SERVICE PUBLIC COMPANY) 通信

  電話の最大手AISを運営する企業です。日本のNTTみないなイメージです。

  •        2016年フォーブス 1,104位、時価総額131億ドル
  •        配当 4.19% (2019年1月時点)
  •        ROA14.73%、ROE64.76%、Net Profit 18.98% (2017年末)

f:id:shogun8:20190425115551p:plain

タイ株 ADVANC週足チャート 2010年~2019年

 

10位 CPF (CHAROEN POKPHAND FOODS PUBLIC COMPANY) 食品

  タイの食品最大手です。精肉、ソースなどは必ずスーパーで見かけますね。

  •        2016年フォーブス 1,295位、時価総額56億ドル
  •        配当 2.91% (2019年1月時点)
  •        ROA5.09%、ROE10.12%、Net Profit 2.92% (2017年末)

f:id:shogun8:20190425115630p:plain

タイ株 CPF週足チャート 2010年~2019年

 

スポンサーサイト

 

 

「有力企業」と株価トレンドの相関を検証

さて、「有力企業の銘柄であること」イコール「買い」なのでしょうか?

各銘柄の2016年時点の株価と2019年1月の株価を比べて、株価が上がっているのか下がっているのかを銘柄別に見て、「有力である事」と「株価」の相関を見てみました。

  • PTT         2016年株価 372バーツ   → 2019年1月 48バーツ前後
  • SCB        2016年株価 152バーツ   → 2019年1月 134バーツ前後
  • KBANK   2016年株価 177.5バーツ   → 2019年1月 181バーツ前後
  • SCC        2016年株価 496バーツ   → 2019年1月 432バーツ前後
  • BBL         2016年株価 159.5バーツ   → 2019年1月 208バーツ前後
  • KTB         2016年株価 17.7バーツ     → 2019年1月 19.9バーツ前後
  • PTTGC   2016年株価 63.00バーツ    → 2019年1月 70.75バーツ前後
  • CPALL     2016年株価 62.5バーツ     → 2019年1月 74.5バーツ前後
  • ADVANC 2016年株価 147バーツ      → 2019年1月 169バーツ前後
  • CPF        2016年株価 29.5バーツ      → 2019年1月 25.75バーツ前後

実際のところほとんどの株が2018年の2月にピークを迎え、そこから落ち続けていますのでここ1年ではほとんどの銘柄がダウントレンドですれば。ですが3年というスパンで見るとPTT、SCB、SCC、CPF以外は何とか株価が伸びていますね。

PTTはやばいですね、、、わずか3年で株価が8分の1。この時期にPTTを持っていた方は地獄を見た事かと思います。

(追記 2019年1月16日:PTTの株価が下がった情報について「大企業の株価がここまで大幅に下がったのには何か大きな出来事があったはず」とのコメント頂きましたのでこの点について追加で調べたことを記載させて頂きます。まずPTT自体の時価総額は2015年以降2018年まで順調に伸びていました。つまり株価が下がり「会社の価値が下がった」わけではなく「株式分割」など何かイベントがあった事が要因だと考えられます。何が起きたかについては明確な情報が見つかっていないのですが、PTT自体は安定して経営を続けており企業価値は2016年時点よりも上がっているの事は確認しております。)

(追記 2019年1月17日 : PTTの株価が下がった理由についてコメント頂きました。PTTの株式分割とスピンオフにより株価が下がったようです。コメント欄も一度目を通して頂ければと思います。)

ということで「有力企業の銘柄」の6割方は「3年スパンで見ると価格は上昇している」という事は見えてきました。

(追記 2019年4月25日  :各銘柄の2019年4月時点の週足チャートを追加して思いましたがどの銘柄も長期では右肩上がりでさすが有力企業という感じですね。株価が落ちる度に買い増しをして言ってもそこそこの配当を生み出してくれる素晴らしい資産になりそうだな、と感じました。)

 

まとめ

今回は「タイの有力企業銘柄 上位10選とその配当(2019年1月版)」をシェアさせて頂きましたがいかがだったでしょうか。

タイ株を買われる方は高い配当が目当ての方も多いと思いますが、有力企業の中だけでみると「株価も安定しており、配当も6%近くあるPTTGC」に惹かれるのではないでしょうか。

為替のリスク、株価下落のリスクはありますが現在の資産を「長期的」に「高い配当利回り」で運用するにはタイ株を含む東南アジア株も選択肢の1つに入れても良いのかも知れません。

では。

 にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村

 

スポンサーサイト

 

 

高配当を狙うならコレだと思った銘柄5選(2019年2月版)の記事はこちらからどうぞ

www.thaiyome-thaikabu.com

高配当銘柄 上位10選 (2019年1月版)の記事はこちらからどうぞ

www.thaiyome-thaikabu.com