タイ嫁タイ株

投資で稼ぎたいと思い立ちタイの駐在を退職!私のタイ投資やFXの勉強の過程、投資成果などシェアしてゆきます。

【タイ株 投資 勉強】初心者が投資の勉強に役立ったと思う「株・FXのおすすめ投資本」3冊

            f:id:shogun8:20190107170118j:plain
タイ株を始めようと思っている皆様、残念ながらタイ株に特化した日本語の教材ってないのが現状です(2019年1月現在)。一応「タイ株!」って謳った本があるにはありましたが銘柄の紹介がメインでしかも発行が2007年、、、いくら何でも賞味期限切れですし、銘柄だけ紹介されてもね、、、という感じです。

ということで自分がタイ株の投資をしていくにあたって頼りにしている投資本、中でも投資を始めたばかりの方に絶対に役立つと思った3冊を皆さまにご紹介したいと思います。

もちろんタイ株の事には直接触れた本はないのですが、そもそも株式や為替などの「相場」でなぜ価格が上下するのかを理論的に理解すればタイ株にも応用できるはずですし、ネックラインやトレンドラインの引き方など「相場の分析手法」そのものは日本株も米株も為替も同じものを使っています(テクニカル分析はタイ株でも機能していますよ)。

投資の中級者以上の方にとっては「こんなの当たり前だろ」と思うような情報かも知れませんが、投資を始めよう・始めたばかりという方にはこれらの情報は大事な基礎を固めるの必要だと思っています。

相場の世界で「聖杯」は無いとよく言いますが、簡単そうに見える手法に踊らされて疲れてしまった方にも是非おすすめしたい本です。

 

おすすめ投資本1冊目 相場の仕組みを真に理解しよう「デイトレード」

2002年に米国で発行された本です。翻訳書独特の読みにくさはありますが、内容は正に目から鱗で「株価はそうやって上下するのか!」と夢中になって読んだ本です。

  • 「株価を上昇させる力はこの世に1つ、単純に売りを上回る買いが存在する時のみである。決算書がどれだけ良くても、相場参加者ゼロなら株価は変化しないのである。」
  • 「プロは一般投資家(初心者)を間違った方向に追い込むのに秀でている。」
  • 「バンドワゴン効果、群衆を集らせてから一気にけり落とす。」
  • 「確実は決してない、プロは確率が高い方を選ぶだけ。」
  • 「ポジションの取り方で8割は決まる。」

正直内容は難しいのですが、自分が取引の成功や失敗を重ねていくうちに著者の真意がどんどん分かるようになると思います。具体的なテクニックなどは書かれていませんが、「相場とは何か」、「株価変動の仕組み」、「絶対に守るべきルール」は嫌と言うほど理解できます。

タイトルは「デイトレード」ですが、短期投資家でも長期投資家でもこれを読み「相場」を理解しておくことは重要だと思いますし、自分のレベルがどれだけ上がっても何回でも読めるバイブル的1冊だと思いました。

 

投資本おすすめ2冊目 テクニカル分析を習得しよう「最強のFX 1分足スキャルピング」

自分スキャルパーじゃないし、という方もそうおっしゃらずに是非目を通して頂きたい1冊です。勿論スキャルピングテクニックを説明している本なのですが、その中に出てくるテクニカル分析が非常に実践的で別に1分足で取引をされない方にも十分に役立つ内容です。

  • 「サポートライン、レジスタンスライン」、「トレンドライン、チャネルライン」、「基本的なチャートパターン」、「値動きの波動」など基本的なテクニカル分析手法が分かりやすく説明されている。
  • 「フィボナッチ数列の活かし方」、「エンベロープの活かし方」が分かりやすく説明されている。
  • 「筆者の1分足を用いたスキャルピング手法」が細かく説明されている
  • 筆者の失敗から這い上がってきた過去なども興味深いです。

タイ株はFXと比べると手数料が高いため、超短期投資には向きませんがテクニカル分析の方法と活かし方はとても参考になります。ネットでもテクニカル分析は勉強できますがこちらは体系化されていて困ったときにサッと本を開けるだけなので重宝しています。

 

投資本おすすめ3冊目  本当に基礎から学ぶなら「株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書」

2冊目ほど色々なパターンのテクニカル分析を説明してくれてはいませんが、本当に基礎から勉強したいという方におすすめしたい本です。

  • 「ローソク足」、「移動平均線」、「株の売り・買いのタイミング」についてそれが何なのかという所から実践で活かし方について丁寧に一から説明してくれている。
  • 「日本の実際の株を取り上げながら売りのタイミング・買いのタイミング」を説明してくれている。

「ローソク足」の正しい見方すら理解していなかった頃から読んでいた自分の大事な教科書です。

 

まとめ

何をするにも勉強って重要だと考えます。知識だけ詰め込めば良いってものではありませんが、知識が無いと実践で成功(失敗)しても自分が何をして何が良くて(悪くて)勝てたのか(負けたのか)分かりませんし、応用するレベルにも行けないですよね。
おすすめ1冊目の「デイトレード」中でも述べられているのですが「トレードをしますか、それともギャンブルをしますか」という言葉があります。分からない事を分からなまま闇雲に続けることってまさにギャンブルなんですよね。
投資に限らず商売でも同じで、特に結果が悪かった時はそれを繰り返さない事が本当に重要だって事を、これまでの12年間のサラリーマン生活と投資生活数ヶ月からホント骨の髄まで感じています。
投資も普通の仕事ととらえ「勉強したこと」から「仮定」を立て「実践」、そして良くても悪くても「検証」しないと成長しないですよってことですね。
がんばっていきましょう。
では。

 にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村

 

スポンサーサイト